ブチネコブログ

日々のちいさなあれこれ、園芸、イラストのことなど。

薔薇の季節

冬の剪定は思い切りが大事

二月末に思い切って剪定した薔薇の鉢たち、ほぼ全員順調に育ってくれて、順番に開花しています。

どう切って良いか分からない事もあり、今まで冬の剪定を控えめにしてしまってましたが、剪定控えめの時より断然育成の勢いが強くて、剪定一つでここまで違ってくるものなんだなあと改めて植物のパワーに感心しました。

 

開花トップバッターはゴールデンボーダー。一つの茎に小ぶりでたくさんの花を咲かせます。育てている薔薇の中で病害虫に一番強いです。香りはあまりありません。

f:id:buchinoneko:20180610032034j:plain

f:id:buchinoneko:20180610032129j:plain

f:id:buchinoneko:20180610032145j:plain

次々と咲くので、咲き終わりそうな花からもぎとり、すこし水を張った器に盛って部屋に置いたりして花を楽しみました。

4つ期末頃かに咲き終わったので、咲き終わった枝を軽く剪定してお礼肥を与えたら、今また蕾をつけていて、もうしばらくしたら咲きそうです(^^)

 

 

開花二番目がメルヘンケニギン。良い写真がないのですが、淡いピンクの見事な大輪の花が咲きます。うっとりするぐらい甘くて清楚な香りで、持っている鉢の中で一番好きな薔薇です。

時々うどん粉病やハダニと戦いつつも、順調に開花しては摘み取り、今四番目の蕾が大きくなって来ています。

 

f:id:buchinoneko:20180610033807j:plain

f:id:buchinoneko:20180610033908j:plain

 

ここからは写真なしで申し訳ありません。

ルージュピエールドロンサールはいま4,5個蕾をつけていて、もうすぐ開花しそうです。葉が光沢のあるタイプのせいか、うどん粉病にあまりならず、ハダニ被害も少なくて手入れが楽ですね。上品な赤の花が咲きます。香りがどんなだったかはちょっと今忘れてしまってます。

シャルルドゴールが一番手入れに手こずっていて、根が張ってしまってるのか、すぐに水切れしてしまい葉っぱが常に乾燥した感じです。一週間前ぐらいに一輪だけ花をつけましたが、しおしおしたまま咲き終わりそうになり、摘み取って花瓶に入れていると、花びらのシワが伸びて元来の美しい形状になりました。フリーズドライ食品みたいだなあと。やっぱり水がうまく行き渡ってないのでしょうね。植え替えシーズンに何とかしてあげたいです。蕾は赤みの強いピンクで、開花すると渋い薄紫になります。あまり甘くなく、すっきりした香りです。

後、玄関にブラックプリンスと名を忘れた黄色い薔薇の鉢があり、そちらも順調に開花しました。ブラックプリンスは香水のように香りが強く、洋酒みたいな香りがします。3年前の購入時は花が鈴成りだったのですが、毎年花の数が減っていき、今年は一輪だけしか咲かず、次に咲く気配もなく残念。肥料は足りてそうなのですが。植え替えや剪定などで来年は何とか上手く咲かせたいです。花は小さめ、濃くて鮮やかめの赤で、咲き進むと黒味を帯びた赤に変化します。酔いしれるような香りが魅力です。

名を忘れた黄色い薔薇は、ゴールデンボーダーに似た咲き方で、小さい花が一つの茎にたくさん付きます。こちらも病害虫に強く、となりにいるブラックプリンスばかりがうどん粉病になったり、気がつけばすぐハダニてんこ盛りだったり、何かの幼虫に食べられてます。アブラムシだけ付いてたらすぐとってます。

花の形は、ゴールデンボーダーがモッコウバラに似ていて、その黄色い薔薇は一般的な薔薇のイメージどおりの形です(ケーキの砂糖飾りみたいなの)。香りは全くと言っていいほどありません。

 

全体的に他の植物より薔薇は虫に好かれやすいですね。美味しいのでしょうか。

 

病害虫の対策は、農薬をまきにくい環境なので、フマキラーの「カダンセーフ」という無農薬の液体を、ハダニが付いてる時やうどん粉病を見つけたときに、こまめにスプレーしてます。無農薬なので何回も散布しないといけませんが、ちゃんと効いてくれて助かっています(^^)

 

唐突ですが…

唐突で失礼しますが、事情によりブログをもう少ししたら閉じさせて頂くことにしました。

短い間でしたが、お付き合い誠にありがとうございました。記事を読んで下さった方、読者になって頂いたり、スターやブックマークをして下さった方、心より感謝申し上げます。

また機会があればブログを書くかもしれませんので、そのときはどうぞよろしくお願い致します。

なお、拝読している皆様のブログは今後も楽しませて頂きます。こちらに来る前に、はてなブログは記事の質が高いとの評価を目にしていたのですが、皆様のブログを読んでその通りだと実感しました。とてもためになったり、楽しかったり、新たな発見があります。良い記事をありがとうございます(^^)

 

 

 

ペンタブレットが突然作動しなくなった時の話(後半)

 

ペンタブレットが突然動作しなくなった時の話(前半)と題打ってから、一ヶ月たってしまいました。こんなに引っ張る程の結末ではないので、申し訳なさが募る日々。

遅くなりましたが続きを書かせて頂きます。

 

サポートセンターに問い合わせてみると…

ペンタブレットが作動しなくなった翌日、WACOMのサポートセンターに問い合わせて現状を説明し、その後サポートセンターの方の指示に従い、USBケーブルを一度抜いて、違うポートに差し込んでみたり、「Bambooの設定」を何箇所かチェックしました。「別のPCのUSBポートに差し込んで使用してみる」というのは、現在使用のノートパソコン一台でしか使用していなかったので、実行しませんでした。

一通りのチェックを済ませた所、「ペンタブレット本体かペンが故障している可能性があるので、WACOMの修理センターに送って下さい」とのことで、PCメールのアドレスを伝え、ペンタブレットを送る際に荷物に貼るフォームを送信してもらいました。

 

大体の修理代金はいくらか聞いてみると、(無料で修理してもらえる保障期間が終わっている場合)会員で7800円だったか、それぐらいとのことで、会員とやらではないのでもっと掛かるとして、一万円前後からと考えていたほうがいいかな、と予想しました。

 

 あれこれ思索…

ペンタブレットを買った時の価格が2万円弱。修理代の倍ぐらいの費用で新しいペンタブレット買える。ペンタブの一般的寿命を知らないけれど、もうそろそろ買い換えてもいい時期なのかもしれない。

使用感に全く不満は無かったから、出来るなら同じ製品が欲しいけど、もう生産してないみたいだし、どれがいいか口コミなど見ながら探さないといけないな。

…などなど、あれこれ思索してみましたが、約5年は使用した事と、修理しても確実に直るかどうか、そして修理費用が実際にはどれぐらいかかるのかが分からない事もあり、新しく購入する方に気持ちが傾いて来ました。

 

第六感…!?

購入に傾いて来つつも、まだ『簡単に直らないかな』という未練みたいなのも消しきれず、昨日から変わらずペンが作動しないままステータスランプ付きっ放しのペンタブレットを手にとって、ぼんやりと、「リセット」みたいなのする方法ないのかな~と考えていたその時、不意にカンのようなものが働きペンタブを裏向けてみました。開きそうなカバーがUSBケーブルの差込口の両隣に二つあります。そこは、ペンタブを無線で使うためのワイヤレスキットの部品を入れる場所です。

(※ワイヤレスキットは、ワイヤレスモジュール、レシーバー、電池の三つでセットになっていて、電池とワイヤレスモジュールをペンタブレットに装着、レシーバーをパソコンに装着して使います。)

 

右のカバーは、ワイヤレスキットのモジュールを入れた時に開いた記憶があり、開けてみるとやはりそのワイヤレスモジュールが入っていました。

そこは、ペンタブの動作が止まった時に一度開いてみました。

 

そして、左。そちらはまだ開いてませんでした。左のカバーはワイヤレスキットの充電式リチウムイオン電池を入れたときに開いた事があります。しかし、それを入れたのもペンタブ購入と殆ど同時期で約5年前なので、カバーを外した事も、電池の存在さえもまるっきり忘れていまして、〝スタイリッシュなデザインゆえに、右のカバーに合わせて作られたフェイク・カバーみたいなもので開かない所〟と思い込んでいました。

そこを、『あれっ、ここ開くんじゃないの?』とパカッと開くとやっぱり入っていました、その電池が。

(前半で「ワイヤレスキットも付けてないのに(光る)」と心で叫んでいましたが、パソコン側にレシーバーを付けてなかっただけなのでした。)

 

「これが、怪現象の正体だ!!この電池でずっと光ってたんか~い!」

とやっと気付きました。第六感というより、〝ずっと光る→バッテリーみたいなものが入ってる〟とパソコン機器音痴なりに無意識下で感じていたのでしょう。

 

そして、その時は訪れた

怪現象の謎は解けたことに安堵を覚えながらその電池を外してみると、白く光り続けていたステータスランプはあっさり消えました。『だよね~』と思いつつ、もう一度電池をペンタブレットに装着。すると、ステータスランプは再び灯ったのですが、その光りは青。

そのペンタブは青く光っているのが通常の状態で、ペン先で触れると白くなり、ペンが作動するしくみです。

青い…!

と言うことはだ!

慌ててペンを持ち、パソコンの画面を見ながらペンタブのボードの描画範囲にペンで触れると…

反応有り!

焦りつつも、ペイントソフトを立ち上げ、ペンタブを使ってみると、描ける!全く問題なく描ける!

わ~~~い!(嬉し泣き)

と言うわけで、ネットで色々調べたり、サポートセンターにお世話になったりしましたが、結局ワイヤレスキットの電池を装着しなおすという、「たたけば直る」的シンプルな方法で直りました。

直り方は単純でしたが、ネットでペンタブ不具合時の対処法を調べた時に見つけられなかったのと、サポートセンターのチェック項目にも無いようだったので珍しい不具合なのかな、と思いました。

ワイヤレスキット装着時の連続使用時間が2,3時間でどう考えても短すぎるので、ワイヤレスキットの電池に何か問題があるのかもしれません。

 

だいぶ日が経ちますが、今もペンタブは正常に作動してくれています。ペンタブにしたら『たたけばって、何する気だ!』と怖かったのでしょうか。

私は趣味で使っているので不具合が起きたら『使えなくて悲しい』で済むのですが、知り合いの、お仕事で使われてる方は予備のペンタブを持っていると聞きました。さすがプロですね。手描きでは起こらない困りごとなので、改めてアナログの良さをひしひしと感じた出来事でした。

 

以上、文章も後半UPまでの期間も長くなってしまいましたが、ペンタブが急に作動しなくなった時のお話でした。読んで下さった皆様、お付き合い下さり誠にありがとうございました。

 

 

f:id:buchinoneko:20180514042613j:plain

 

2、3年前に苗を植えたヤマブキ。4月の写真です。年々大きく育ってたくさん花を咲かせてくれます(^^)

 

 

 

 

 

ペンタブレットが突然作動しなくなった時の話(前半)

 

 

暖かくなったり、冷えたり、気温差の激しい日がいつまでも続きますね。

ベランダに置いている薔薇の鉢植えが、油断すると土はからから葉っぱはしおしおになっていて、「ギャッ」と慌てて水を遣ったりしています。

ゴールデン・ボーダにたくさんつぼみがついて来ていて開花が楽しみです(^^)

 

 

ペンタブ不具合

(※これから先、ペンタブ不具合体験談を綴りますが、当ブログのこの記事では「こんなことあったんだよ~」程度の情報だけで、素晴らしい解決法は提供出来そうになく、申し訳ありません。同様の不具合でお困りの上来られた方は、別サイトをあたって頂くか、WACOMサポートセンターへご連絡された方が近道と思われます<(_ _;)>)

 

少し前のことなのですが、デジタルお絵かき道具のペンタブレットが急に作動しなくなりました。前触れは一切なく、絵を描いている途中でピタッと止まり、ペンを何度動かすもむなしく無反応に。

 

その時、私の中ですっかり忘れていた記憶…初ペンタブで現在も使用しているWACOMのBAMBOOシリーズCTH-670を購入して間もない頃の出来事がよみがえりました。

 

過去のペンタブ不具合と対処

(しばらく過去のペンタブ不具合に関する文章が続きますが、興味のない方はどうぞざっくりと読み飛ばして下さい。)

最初にペンタブ不具合を経験したのは5年前です。

購入したペンタブに同封されていたCD-Rからドライバーをインストールすると、数日は問題なく使用できていましたが、ある日ペイントソフトSAIの試用版をインストールして使おうとしたら、インストール直後にペンタブが正常に作動しなくなったので、すぐにWACOMのサポートセンターに電話して対処法を聞きました。

パソコン終了後にペンタブのUSBケーブルを外して再起動後また差し込んだり、ペンタブの設定画面からあれこれ確認して、その後はSAIのアンインストール、問題の出た時点の前までパソコンを復元、ペンタブのドライバーを一旦アンインストール後、再度インストール、などを行いました。

それでもなお、正常に作動しなかったので、もう一度ドライバーをアンインストール。今度は購入したペンタブに同封されていたCD-Rに入っていた最新のドライバーではなく、インターネット上でダウンロード出来る一つ前のバージョンのドライバーを入手し、そちらをインストール。再起動。

(大分前なので記憶が薄れてて正確な過程は思い出せませんが、大体こんな風でした。)

すると…

動いた!ペンタブ動いた~!!m(;∇;)m

やっと動いてくれたペンタブ。サポートセンターの方は、根気良く丁寧に検討・指示してくださり、とても助かりました!

そして、私のパソコンとSAIの相性が悪いのかもしれないと思い、SAIを入れるのは諦め(再チャレンジすれば行けたかも知れないのですが、勇気が出ませんでした)、ペイントソフトCLIP・STUDIOを購入してインストールした所、問題なく作動したので一安心。その後は問題なく使用出来ていたのでした。

 

そして5年の月日が流れ、先月。再びペンタブ動かなくなる。

作画ソフトを終了してまた立ち上げたり、パソコン再起動してUSBケーブルを外し付け直したりはやってみましたが凍ったまんま。

ペンタブレットの表面にあるステータスランプというやつが、通常は青く光っていてペン先が触れると白い光に変わるものなのですが、ペンで触れても触れなくてもずっと白い光のまま、それ以外の反応は無しという状態でした。

 

ネットでペンタブレット不具合の対処法の記事を探し、何軒かのサイトを拝見すると、私の見た記事ではパソコン・作画ソフトの再起動、USBケーブルの抜き差し、ペンタブのドライバーのインストールし直し、パソコンOSの復元が主に推奨されていて(後はペンタブの設定を触る等)、やはり前回の不具合時の対処法と大体同じ流れになるのだなと参考になりました。

WACOMのヘルプも見てみましたが、私のペンタブのケースで今すぐどうこう出来そうな解決策は載っておらず、

『まあインストールし直しとかパソコン復元するなら前回みたいにサポートセンターの指示を受けた方が安全だな、パソコン関係音痴だし。』

と考え、もう何も触らず、サポート時間外だったので翌日電話する事に決めました。

 

ペンタブが怖い 

そして、パソコンをシャットダウンした所、普段ならパソコンを終了させたらペンタブレットの表面にあるステータスランプも同時に消えるのですが、なぜだか白い光りが灯ったままなのです。(何度か再起動を試みた時もついていたのですが、パソコンの電気の余力みたいなのでついてるのかなと。)

そのうち消えるだろう、と思っていたのですが、これが夕方から夜中になっても消えない。(翌日もつき続けていました。)

電気を消して真っ暗な部屋に、ペンタブレットのランプが放つ小さく白い光りがぼうっと浮かんでる様は何だかホラーめいていて、

『ワイヤレスキット(無線でペンタブレットが動くやつ)付けてても2,3時間で充電切れるのに、なんでパソコン切ってワイヤレスキットも付けてない状態で何時間もランプがつき続けるの!?こわっ!

と長年親しんできたはずのペンタブレットに対して怯えつつ、故障なら修理に出すか新しいのを買うか、どうしようかな、どちらにしてもお金かかるし痛いな~(´_`。)と思案しながら、その日は眠りに付いたのでした。

 

ペンタブレットが動かなくなった直後から、あれこれ調べつつも私の頭を占めていた、たった一つの想いは…

 

なんかこう「たたいたら直る」的な解決法ないんかな…

 

ということでした。

ペンタブレットの方が怯えてたかもしれません…。

 

思いのほか長くなったので、結果を持ち越して申し訳ありませんが、全後半に分けまして続きはまた次回書かせて頂きます<(_ _)>